杉並区上高井戸 八幡山エリア 実績のある個別指導塾 学習塾【英才個別学院 八幡山校】へお任せ下さい!

menu

杉並区上高井戸 八幡山エリア 実績のある個別指導塾 学習塾|英才個別学院 八幡山校

八幡山の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 八幡山校】都立入試について2(しくみついて)

八幡山の個別指導塾 英才個別学院八幡山校 室長の太田です。

 

都立入試で倍率の影響しないレベルにまで至るにはどうしたらいいか?

そのために大切になってくることが、大きく2点あります。

一つは内申です。もう一つは得点力です。

 

この2つを上げていくことが大切になってきます。

 

というのも、都立高校は1000点満点(一部違う学校もあります)で争われます。その内訳は、調査書点+本番の得点で構成されています。

調査書点というのは聞き慣れない言葉だと思いますが、簡単に言うと、通知表の成績に計算を加えて得点化したものです。つまり、通知表の成績がダイレクトに調査書点に影響します。

いつの時点の成績が使用されるかというと、中学3年の12月31日時点の成績です。冬休みですよね(笑)。つまり3年生の2学期の終わりに出る成績がすべてだということです。

これが出てしまうと、もうどうにもなりません。この時点で、その生徒の調査書点は決定してしまいます。

ですから、調査書点を上げたいのであれば、通知表の成績を出来る限り上げておくことが必要になってきます。

高校によって、調査書点の満点は違います。多くの学校が300点満点ですが、400点満点の高校や500点満点の高校もあります。皆さんが受験する高校がどうなっているかは、あらかじめ調べておいた方がよいでしょう。

次に、本番の得点です。調査書点が300点満点の高校を例に考えましょう。総合で1000点満点のうち、調査書点で300点満点なので、残りの700点満点が本番の得点ということになります。

都立入試は、ほとんどの学校が5科目入試になりますから、満点は500点満点のはずです。ですから、これを700満点に計算し直すために、本番の得点を7/5倍します。すると、700満点のうち、何点になるかを出すことができます。

ここで出てきた得点と調査書点を合わせたものが、あなたの得点ということになります。

正確には、下記のような計算を行ない、得点を出します。

 

<調査書点>

5科目の評定+実技4科目の評定×1.3=換算内申

換算内申×調査書点の満点÷51=調査書点・・・・・①

※小数点以下は切り捨て

<学力検査点(本番での得点)>

実際の得点×学力検査点の満点÷500=学力検査点・・・・・②

※小数点以下は切り捨て

上記の①+②があなたの得点ということになります。

この得点の高い順に合格者が決まっていくという仕組みです。

何やら複雑ですよね。

 

考えるのが面倒くさい人は、とにかく学校の通知表を出来る限り上げておくこと。本番での得点を出来る限りたくさんとること。その2点だけを考えればいいです。

乱暴な言い方をすると、テストというテストで点数を稼げばいいのです(笑)

 

ここで気になるのは、今の自分の成績と合格ラインとのギャップが具体的にあと何点なのか知りたいですよね?

英才では下記のようなシートを使って、一目でいろいろなことがわかるようになっています。上記のような複雑な計算は不要です。

ENIMAGE1361765920709

本番でとらなければいけない点数。今の成績と合格ラインまであと何点足りないのか。などが簡単にわかるシートです。

このシートを見ながら、本番までの戦略を考えていくわけです。

次回は、その戦略にあたる勉強の仕方について触れていきたいと思います。

 

***英才個別学院 八幡山校 概要*****

【授業時間】 平日:17時00分~21時30分 土曜:14時00分~20時00分

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【申込方法①】当教室ホームページからお問い合わせください http://www.eisai-hachimanyama.com

【申込方法②】当教室までお電話ください 03-5316-2280(14:00~21:00 日・祝休み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 八幡山校 フェイスブック
英才個別学院 八幡山校 ツイッター
英才個別学院 八幡山校 YouTube チャンネル