杉並区上高井戸 八幡山エリア 実績のある個別指導塾 学習塾【英才個別学院 八幡山校】へお任せ下さい!

menu

杉並区上高井戸 八幡山エリア 実績のある個別指導塾 学習塾|英才個別学院 八幡山校

八幡山の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 八幡山校】英語について3

八幡山の個別指導塾 英才個別学院八幡山校 室長の太田です

 

今日は英語の勉強についての3回目

 

前回からに引き続き、中学1年生の内容です。

 

be動詞と一般動詞の使い方がマスターできたら、今度は疑問詞についての使い方をマスターしましょう。

Learn English

 

疑問詞というと、それぞれの意味の違いだけを覚えておしまいにしてしまっているケースが多いのではないかと思います。

 

もちろん、まずはそれぞれの疑問詞の意味をしっかり区別できるようにしなければいけません。

 

ですが、それだけでは疑問詞をマスターできません。例えば、みなさんは次の日本文を疑問詞のwhatを使って正確に英文にできますか?

 

1「彼は何がすきですか?(彼は何を好みますか?)」

2「彼はどうして悲しんだのですか?(何が彼を悲しませたのですか?)」

3「彼は何色がすきですか?」

 

それぞれの解答例は以下のようになります

1 What does he like?

2 What made him sad?

3 What color does he like?

 

どうですか?それぞれ正確な疑問詞の使い方はできましたか?

 

疑問詞のWhatはもちろん中学1年生で習う単語です。誰でも知っている疑問詞のはずです。ですが、その正確な使い方となると、意外としっかり使えない子が多いです。

 

上記の3つは、どれも疑問詞のwhatに間違いはないのですが、それぞれ、品詞が違います。1と2のwhatは疑問代名詞といいます。3のwhatは疑問形容詞といいます。

 

名詞と形容詞なので、そもそも品詞が違うのです。品詞が違うとどうなるか?文での使われ方が違ってきます。

 

あまり細かくしたくないのですが、名詞は文の中で、主語・補語・目的語・前置詞の目的語の4つのどれかの働きをします。

 

1の文のwhatは文の中で目的語の働きをしています。この使い方が一番慣れていると思います。この場合、疑問詞の後ろは疑問文の語順と習った人も多いと思います。実際にwhatの後ろはそうなっていますよね。

 

ところが、同じ疑問代名詞のwhatでも2の文のwhatは文中で主語の働きをしていきます。この場合、whatの後ろは疑問文の語順にはならず、普通の文(肯定文)の語順のままになるのです。

 

今みたように、whatが文中で主語の働きをしているのか、それとも目的語の働きをしているのかで、文の作り方も変わってくるのです。

 

次に3の文は上記2の文ともまた違った形になっていますね。これは、whatが名詞としてではなく、形容詞として使われているからです。

 

ちなみに形容詞は名詞を修飾(説明)することばです。ですから、普通は形容詞+名詞の語順で使われます。

 

3の文は、whatの後ろに名詞であるcolorがセットになってくっついてきていますね。

 

このように、whatを「何の」と使う場合には、その後ろに名詞を一緒にくっつけて使わないといけないのです。もちろん、what colorの後ろは疑問文の語順になっていますね。

 

このように、疑問詞はただ意味の違いだけわかっていれば、大丈夫かというと、それだけでは不十分です。

 

疑問詞を正確に理解するためには、品詞の知識が必要です。具体的には、動詞・名詞・形容詞・副詞の4品詞です。この4つの品詞の使い方がわかれば、あらゆる英文をこの4つの品詞だけで説明ができるようになります。

 

ですから、単に教科書に出てくる英文を単に暗記するだけでは、応用が効きません。どうしてその語順になるのかを、理解しながらでないと、上記のような簡単な英作文ですらできないということになってしまいます。

 

疑問詞を学習する際は、もちろん、まずはそれぞれの疑問詞の意味をしっかり覚えてください。

 

次に、品詞の働きをマスターしてしまいましょう。その上で、疑問詞が文の中で、どの品詞として働いているのかを考えながら学ぶようにしてください。

 

ここまで出来れば、英語の土台はあとちょっとです。これ以降は、今まで学んだルールの焼き直しです。新しい文法事項は出てきますが、ほとんどは、今までのルールがそのまま適用できるものばかりです。

 

まずは、be動詞・一般動詞・疑問詞の3つを極めてみてください。それだけでも英語の力は飛躍的にUPすると断言します。くれぐれも中途半端はダメです。極めないとダメですからね。極めるとは、どうしてその語順になっているかをルールを含めて人に説明できるレベルになるということです。

 

1人で困っている人は、一度英才で教わってみませんか?

 

***英才個別学院 八幡山校 概要*****

【授業時間】 平日:17時00分~21時30分 土曜:14時00分~20時00分

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【申込方法①】当教室ホームページからお問い合わせください http://www.eisai-hachimanyama.com

【申込方法②】当教室までお電話ください 03-5316-2280(14:00~21:00 日・祝休み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 八幡山校 フェイスブック
英才個別学院 八幡山校 ツイッター
英才個別学院 八幡山校 YouTube チャンネル