杉並区上高井戸 八幡山エリア 実績のある個別指導塾 学習塾【英才個別学院 八幡山校】へお任せ下さい!

menu

杉並区上高井戸 八幡山エリア 実績のある個別指導塾 学習塾|英才個別学院 八幡山校

八幡山の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 八幡山校】英語について5

八幡山の個別指導塾 英才個別学院八幡山校 室長の太田です。

 

本日は、英語の文型の続きです。

 

前回は文型を学ぶ意義についてお話しました。

 

いよいよ文型の中身について触れていきたいと思います。

img_vol1n1

 

まず、文型は全部で5つのパターンがあります。

 

第1文型 SV

第2文型 SVC

第3文型 SVO

第4文型 SVOO

第5文型 SVOC

 

の5つです。Sは主語、Vは動詞、Cは補語、Oは目的語といいます。

 

この並びが原則です。このSとVとCとOを文の要素といいます。これに、修飾語句がくっついて英文がつくられています。ちなみに修飾語はMという記号であらわしている参考書が多いです。

 

Mは比較的自由度が高く、上の5つの文型のいろいろなところに入り込みます。

 

例えば、S(M)VOやSVO(M)のような形になります。しかし、文の骨格は上記の5つのどれかになりますので、文の要素になる語句と修飾語になる語句さえ見分けられるようになればよいわけです。

 

ちなみに、SやOやCなどは、単語一語とは限りません。意味の上で、カタマリで一つの単語のように扱えるものは、単語数語で一つのカタマリとみなします。最初は、この作業が慣れないかもしれません。意味の上で、区切らない方がよい場合は、いくつかの単語を一つのカタマリとして、SやOやCと考えるようにするのです。

 

実は、このカタマリを作れるようになるには、知識が必要です。カタマリを作れるようになるための知識こそが、英語において本当に必要で覚えるべき事項なのです。

 

そして、このカタマリが作れてしまえば、英文の読解はほぼ終わっていると言っても過言ではありません。

 

そうやって考えると、ほとんどの英文が、上の5つの文型のどれかにおさまるようになっているのです。これは、どんなに長く、複雑そうに見える英文でも考え方は一緒です。

 

これに当てはめられるようになると、訳も自動的に決まります。

 

SVなら「SはVする」 SVCなら「SはCだ」 SVOなら「SはOをVする」

SVO1O2なら「SはO1にO2をVする」

SVOCはいくつか訳し方があるのですが、おおむね次の2つのどちらかで通じます。

「SはOがCする状態を認識する」か「SはOがCする状態を生みだす」になります。

 

あとは、SやOやCの箇所に単語やカタマリの意味をあてはめれば、訳が完成します。

 

というより、このルールに従ってつくった訳でなければ、正確な訳にはならないのです。

 

一番、多いのが、単語の意味だけを追って、それを自分の都合のよいように並び替えて訳を作ってしまうケースです。

 

これでは、英文を読んでいるのではなく、与えられた単語を使って、自分で勝手にストーリーを作ってしまっているようなものです。正確な読解とは、まったく異なるということを認識してください。

 

中学英語までは、たまたまそれで通用します。ですが、それはたまたまです。中学のうちは複雑な文章は出てきませんし、話の内容も常識的なものばかりです。ですから、適当に単語の意味をつなげれば、たまたま正しい訳と一致するのです。

 

ところが、高校に入ると、文章の内容も難しいものが出てきますし、話の内容そのものも、常識とはかけ離れた内容のものが出てきます。そうなった途端に与えられた単語で自分のストーリーが作れなくなり、英語そのものが難しいと感じるようになるのです。

 

でもこれは、英文を読んでいるのではなく、与えられた単語を使って自分勝手なストーリーを組み立てているだけなので、そもそもアプローチそのものが間違っています。

 

ですから、難しい英文でも同じようにルールにしたがって読めるようにするためにも、始めは中学レベルの簡単な英文で、しっかりとルールを適用して読む練習が必要なのです。

 

意味がわかるから、文型なんて必要ない。そう思っている人が、高校に入ってから苦労をします。意味がわかる簡単な文章であっても、しっかりルールに則って訳すことを心掛けてください。最初は意識をしないとできないかもしれないですが、練習を積んでいくと、無意識にルールに則った読み方ができるようになります。一度、そういう読み方ができるようになると、逆になかなか離れなくなりますので、そうなると楽ですよ。

 

5文型の概要は上記の通りです。次回から5文型をマスターするにあたって絶対に覚えておかなければいけないことをお話していきます。

 

***英才個別学院 八幡山校 概要*****

【授業時間】 平日:17時00分~21時30分 土曜:14時00分~20時00分

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【申込方法①】当教室ホームページからお問い合わせください http://www.eisai-hachimanyama.com

【申込方法②】当教室までお電話ください 03-5316-2280(14:00~21:00 日・祝休み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 八幡山校 フェイスブック
英才個別学院 八幡山校 ツイッター
英才個別学院 八幡山校 YouTube チャンネル